DV052

子どもの偏食には要注意

子どもには好き嫌いなく何でも食べて欲しいと思うのはママならみんな抱えている気持ちですよね?
でも食べ物の好みが子どもにだってあるのは当然のこと。
心配なポイントは成長に影響が出るほどの偏食かどうかです。

好き嫌いが激しい

例えば、「にんじんがキライ」「ピーマンは入れないで」など野菜の中の何種類かだけを嫌っている場合はその他の野菜から必要な栄養素をとることはできるわけで、特に心配はありません。
しかし、「野菜なんて全部たべたくない」と嫌ってしまい食べないでいると、代わりの食品から栄養をとることが難しくなっていしまうのです。
さらに、「野菜もキライ、肉も魚もキライ」となればさらに栄養バランスは偏ってしまい成長への影響が心配されます。

しかもインスタント食品やスナック菓子、ファーストフードが大好きでそればかり食べている子どももいるんです。
味付けが濃く、口当たりがよいのでいくらで食べられるように感じますが、必要な栄養素はほぼ含まれていません。
カロリーだけをたくさんとってしまうことになるので、成長期の子どもの体に嬉しいことはないでしょう。

キレやすい子どもになる原因にも

食事内容のひどい偏りが子どもの成長に大きな影響をきたした結果、心と体の発達のバランスまで崩してしまう恐れがあります。
毎日の食べるものに気をつけることでキレやすい子どもになることを防げるなら、ぜひ食事を見直して改善したいですね。

ではなぜ食べ物が偏ると成長のバランスが崩れるのでしょうか?
それは食品ひとつで全ての栄養素を補えるものではないからです。
そんな万能な食べ物があれば、食べることがあまり好きではない子にとって便利かもしれませんね。
でも正直食べることは好きな私からすれば人生の楽しみを知らないでもったいない!と思ってしまいます。

必要な栄養素をとる目安

「6つの基礎食品群」をご存知ですか?
6つの基礎食品群とは食品を働き別に分けた表で、バランスよく6種類の栄養素をとりたいときに目安になります。

例えば、第1群は体をつくる元になるもの、エネルギー源になるもので、魚・肉・大豆などタンパク質を含む食べ物です。
第2群は骨や歯をつくるカルシウムを含んだ牛乳や海藻などの食べ物、第3郡は皮膚や粘膜の保護に役立つビタミンAを含む緑黄色野菜、第4群は体の調子を整えるビタミンCを含む淡色野菜、第5群はエネルギーの元になる糖質を含む米・パン・芋、第6群は脂肪性のエネルギーとなる脂や脂肪を多く含む食品です。

もしバランスよく6つの食品群から食べられない状態が続いてしまうと、その子が将来生活習慣病にかかるリスクが高まってしまいます。
たとえ甘いものやインスタント食品を食べて満腹感は得られたとしても、体は必要な栄養素で満たされていないため飢餓状態になるのです。
すると食べているのに栄養失調に陥ることもあり、その結果心のバランスもとれなくなり攻撃性が増したり不安定になったりしてしまいます。
食事はバランスよく、家族や友達と楽しくとらせてあげたいですね。