JV024_72A

妊娠中でもお洒落を楽しめる!マタニティレギンスの紹介

レギンスといえば使い勝手がとてもよくて重宝するファッションアイテムのひとつですね。
これは妊娠中も同じで、季節を問わず用意しておくと便利なアイテムになります。

体を大切にしよう

妊娠中に心がけたいことのひとつに、体を冷やさないことがあります。
マタニティレギンスなら上手に体を保温してくれるのでぜひ使っておきたいものです。

大きく目立ったきたおなかの上まですっぽり覆うように作られているため、おなかの保温もバッチリ。
また、足の内くるぶしから指3本分の所にある子宮に関する大切なツボ「三陰交」も覆ってくれるので夏でもできれば着用したいですね。

オシャレの面でも妊娠前のように着回しに使えるからマタニティファッションもバリエーションが出るので楽しくなります。
いろんなカラーやタイプのマタニティレギンスが発売されているので、お好みのデザインを選んでみてください。

上手な選び方

マタニティレギンスに限らず、妊婦用の衣類にはマタニティサイズでの表示をされている物が多いです。
妊娠前がこのサイズなら妊娠中はこのサイズ、と合わせてサイズ表記をしてあるものもありますが、例えば妊娠前にMサイズなら、マタニティMサイズを選びましょう。

でも妊娠中は体の締め付けがとても気になったり、お腹にフィットするのが心配になったりすることもあります。
なので、試着できるものはしてから、できないものは試しにひとつ購入して使ってから洗い替え用を用意しましょう。

そしてレギンスは十分丈のものを選び、足首まで保温に心がけることです。
足首あたりがくしゅっとしたデザインのものやレースがついたものなど、日替わりで楽しめるようにいろんなタイプを用意しておいても良いですね。

足元の冷えが心配なので、夏場でも短めのスカートは控えた方が良いですが、マタニティレギンスをはけばミニスカートやショートパンツをはいても安心。
ファッションの幅が広がって楽しい妊婦生活を送れますね。

産後もしばらく使える

産後のお出かけにもマタニティレギンスは重宝するアイテムで、まだ妊娠前の状態に戻っていないお腹周りの保護にも役立ちます。
赤ちゃんのお世話があり、動きやすい服装が必要になるママにもレギンスはうれしい味方になってくれますよ。