FW087

出産前に準備しておくと良いアイテム

かわいい赤ちゃんの誕生を前に楽しみなことはいろいろあると思います。
でも産後の生活をよりスムーズにするために妊娠中から準備しておくと良いものもいろいろとあるんですよ。
そんな準備しておいてよかった便利アイテムを先輩ママたちの声を参考にお届けします。

母子手帳ケース

母子手帳自体につけるカバーを、母子手帳と一緒にプレゼントしてくれる自治体はありますが、それでもたくさんの書類をいれることは難しいでしょう。
そんなとき便利なのが母子手帳ケースで、母子手帳だけでなく診察券や保険証、予約票や必要書類などもしっかり収納できる便利グッズです。

妊娠中から使えて、産後赤ちゃんの検診や予防接種の問診票まできちんとしまっておけてなくさないお役立ちグッズと人気です。
デザインもかなり種類豊富になってきているので、お好みのデザインやタイプも見つかりやすいのではないでしょうか?

新生児サイズ紙おむつ

新生児の一日に使う紙おむつの量はかなりのもの。
10枚どころではすまなくてふつうです。
それに産後はすぐに運転すると危険なので、紙おむつのようなかさばるもののお買い物を一人でするには難しいんです。

大体ひと月、買い足しせずに間に合わせるには、4~6袋は用意しておきたいもの。
だからといって何十袋用意すると、赤ちゃんの大きさによっては使い切らずに次のサイズへ移ってしまいむだになることもあるので用意のし過ぎにも気を付けたいですね。

書類への記入

母子手帳の中に、赤ちゃんが生まれたら届け出る児童手当や医療症発行などについての書類が綴じこまれていますが、住所や保護者の名前、保険証番号などは先に記入しておきましょう。
出生届を役所へ提出するとともにそれらの書類も持っていくことになるので、産後で疲れている頭で急いで書くよりは、余裕のある時に記入しておいた方が安心です。
パパに提出してもらうことになるときは、前もってどこへいつまでに出すのかを共有しておきましょう。

まとめ買いはちょっと待った方が良いもの

おしりふきも欠かせないアイテムのひとつなので、たくさんまとめ買いしておきたい物です。
サイズが変わる心配もないし、まとめて購入できると思いがちですが、赤ちゃんの肌に合うかどうか見極めてからにした方が安心なんです。

というのも、おむつかぶれの原因のひとつにおしりふきの使用があって、それは使われている成分に関係があります。
水100%という商品はなく、あっても水99.9%までで残りの0.01%には化粧水成分などが入っているので、デリケートな赤ちゃんの肌が反応してしまうこともあるのです。

本当に個人差が大きいので、何を使っても大丈夫な子もいれば水99.9%のものでもおむつかぶれになってしまう子もいます。
また、お手頃な価格のタイプを選ぶと素材が硬くごわごわしているために摩擦が強くて荒れてしまうことも。
なので、おしりふきを用意するときはふんわりタイプでいろんなメーカーのものを少しずつにすると安心です。
赤ちゃんの肌に合うものを見つけたらケース買いをしても大丈夫だと思います。

おすすめできるおしりふきは、厚手でのものです。
大きくて厚手のものは破れにくく汚れもふき取りやすいため重宝します。
一回で汚れがとれた方が何回も拭かずにすむので赤ちゃんの肌への摩擦も少なくて刺激を減らすことができます。
体調や成長の過程で排泄物の状態も変化するため、その時の状態に合わせましょう。