学生マンションの食事例

栄養バランスを考えた献立

子どもの食事は親の食事に流されがちです。三つ子の魂100までということわざがありますが、3歳までに子どもの食生活は決まると言っても過言ではありません。

バランスのとれた偏りのない献立を考えるのは親の義務です。そこで、子どもの成長に必要な栄養バランスを考えた献立について考えてみました。

子どもの成長に必要な栄養バランスを考えた献立はとても大事

子どものころに同じものばかり食べていると、アレルギーや偏食の要因になります。例えば、ご飯を作るのが面倒で、毎日ケンタッキーフライドチキンを食べさせていたところ、鶏肉全般が大嫌いになってしまいます。子どもは一度苦手になった食べ物は徹底して嫌います。

どんなに細かく、鶏肉を切ってごまかしても、なぜかバレるのです。そうなってしまうと料理も、自分用と子ども用別々に料理を作らなくてはならず、2度手間になってしまいます。合理的に食べさせていたつもりが、長期的には面倒なことになってしまうことになりかねません。

最初から栄養バランスのとれた食事をさせておけば、いいのですが、忙しい現代の親たちにとって、材料から料理する手間がかかってなかなかできないという人は、すで気に切られている野菜やお肉を使うといいでしょう。

冷凍食品を使うのもバランスのいい食事を素早く作る秘訣です。

大学生になったころはしっかりした食事が出る学生マンションに行かせたいと思っている

親としては子どもが大学生になったとき、親御さんは故郷を離れる前に「自炊をしたら節約につながる」「自炊はこれから必ずしなければなりからちゃんとしなさい」という親御さんも少なくなでしょう。
しかし、一人暮らしになると実家から解放された大学生がバランスのとれた食事をするはずもありません。大抵の学生はコンビニ弁当、ファーストフード店、カップラーメンで食事を済ませるはずです。たしかに、時間を短縮して合理的に食事を摂取するならコンビニ弁当やファーストフード店の食事でもいいでしょう。

しかし、それではバランスのとれた食事からはどんどんかけなれていくでしょう。食事は健康面や記憶力にも影響するため、学業への影響も懸念されます。

そこで、3食バランスのとれた食事をちゃんととれる学生マンションへの入居させることをおすすめします。

学生マンションであれば、いつも暖かく、バランスのとれた食事がとれます。バイトなどが忙しくても夜遅くまで食堂は空いているので、食べ損ねることはありません。

進学先でバランスのとれた食事を子供取ってもらうには、学生マンションへの入居をおすすめします。